Windows 10では結局、IEとEdgeのどちらを使うべきか?レガシーアプリ対応か、新機能か

バージョン11より前の「Internet Explorer」のサポートが終了し、新ブラウザ「Microsoft Edge」の採用が広がりつつある。移行前に確認すべきEdgeと「IE 11」の機能を紹介する。

2017年03月03日 08時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
Microsoft Edgeの公式Webページ《クリックで拡大》

 大半のエンドユーザーはWebブラウザ無しでは何もできない。Microsoftは「Windows 10」に搭載する2つのWebブラウザに幾つか変更を加えている。企業は移行前に最新事情を確認しておくとよいだろう。

 まず押さえておくべきは、「Internet Explorer」(以下IE)は今や、Windows 10の新しいデフォルトWebブラウザ「Microsoft Edge」(以下Edge)の補助的な位置付けにあるということだ。Edgeは新しい機能やツールを幾つか搭載するので、IT管理者やエンドユーザーは使い慣れる必要がある。さらにMicrosoftは、バージョン11より前のIEのサポートを終了している。

アプリケーションが古いバージョンのIEを必要とする場合

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...