「Microsoft Edge」が“究極の安全ブラウザ”に一歩近づくセキュリティ新機能とは?次期アップデートでWeb攻撃対策を強化

Microsoftは「Microsoft Edge」の次期アップデートで、クロスサイトスクリプティングやコンテンツインジェクションといったWebベースの攻撃への対策を強化する。

2017年02月22日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
画像 Microsoft Edgeの安全性を高める新機能とは

 Microsoftは「Windows 10」導入企業をWebベースの攻撃から守るべく、Webブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)のセキュリティを強化する。

 IT部門が最も懸念するセキュリティの脆弱(ぜいじゃく)性は、エンドユーザーの存在だろう。改ざんされたWebサイトへアクセスする、クライアントPCの悪意あるコンテンツを潜り込ませようとするリンクをクリックするといった、エンドユーザーの危険な行為に対する懸念は高まる一方だ。

 Windows 10の次期メジャーアップデート「Windows 10 Creators Update」に搭載されるEdgeは、こうしたWebベースの攻撃の検出と阻止に役立つセキュリティ仕様「Content Security Policy Level 2」(CSP2)を実装する。

Webベースの攻撃から守る「CSP2」

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...