2018年12月08日 05時00分 公開
特集/連載

Chrome、Firefox、IE、Edgeを比較 ビジネス利用の視点で見ると?管理方法を中心に解説

主なWebブラウザであるGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edgeについて、それぞれの管理方法や機能を紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 企業で使うことを考えた場合、どのWebブラウザを選ぶべきか

 「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Internet Explorer」(IE)、「Microsoft Edge」のいずれを選んだとしても、Webブラウザ以上に使うことの多いアプリケーションはほぼ存在しない。

 IT専門家から見れば、各デスクトップ用Webブラウザは異なる特徴を持っている。例えばFirefoxはオープンソースで、ユーザーや開発者がソースコードに手を加えることができる。2018年11月時点ではChromeがWebブラウザ市場を独占している。Web関連技術の利用状況を調査するWebサイト「NetMarketShare」によると、2018年10月の利用率においてChromeは63%、IEは11%、Firefoxは10%、Edgeは4%だった。

 Webブラウザはエンドユーザーの使用機会が多いことから、それぞれの管理機能やセキュリティなどについてIT担当者が理解しておくことは重要だ。

Chrome Enterpriseは一括管理が可能

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...