2019年06月07日 05時00分 公開
特集/連載

IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とはより企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】

Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 前編「『Microsoft Edge』で『Internet Explorer』向けアプリが動く『IEモード』とは?」では、MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの主要な新機能として、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)向けのレガシーアプリケーションを実行できる互換モード(以下、IEモード)を紹介した。

 Microsoftは開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」で、IEモードの他にEdgeの2つの新機能も発表した。1つ目はプライバシーコントロールを向上させる機能で、エンドユーザーのWebでの行動をサードパーティー企業が追跡するレベルを調整可能にする。2つ目は生産性を高める機能で、WebブラウザのタブやWebページの情報を整理し、オフィススイート「Microsoft Office」(以下、Office)に書き出せるようにする。

プライバシーコントロール機能

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...