2019年06月07日 05時00分 公開
特集/連載

より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とは

Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 前編「『Microsoft Edge』で『Internet Explorer』向けアプリが動く『IEモード』とは?」では、MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの主要な新機能として、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)向けのレガシーアプリケーションを実行できる互換モード(以下、IEモード)を紹介した。

 Microsoftは開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」で、IEモードの他にEdgeの2つの新機能も発表した。1つ目はプライバシーコントロールを向上させる機能で、エンドユーザーのWebでの行動をサードパーティー企業が追跡するレベルを調整可能にする。2つ目は生産性を高める機能で、WebブラウザのタブやWebページの情報を整理し、オフィススイート「Microsoft Office」(以下、Office)に書き出せるようにする。

プライバシーコントロール機能

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。