IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とはより企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】

Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。

2019年06月07日 05時00分 公開
[Jesse ScardinaTechTarget]
画像

 前編「『Microsoft Edge』で『Internet Explorer』向けアプリが動く『IEモード』とは?」では、MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの主要な新機能として、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)向けのレガシーアプリケーションを実行できる互換モード(以下、IEモード)を紹介した。

 Microsoftは開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」で、IEモードの他にEdgeの2つの新機能も発表した。1つ目はプライバシーコントロールを向上させる機能で、エンドユーザーのWebでの行動をサードパーティー企業が追跡するレベルを調整可能にする。2つ目は生産性を高める機能で、WebブラウザのタブやWebページの情報を整理し、オフィススイート「Microsoft Office」(以下、Office)に書き出せるようにする。

プライバシーコントロール機能

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...