2019年06月07日 05時00分 公開
特集/連載

より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とは

Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 前編「『Microsoft Edge』で『Internet Explorer』向けアプリが動く『IEモード』とは?」では、MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの主要な新機能として、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)向けのレガシーアプリケーションを実行できる互換モード(以下、IEモード)を紹介した。

 Microsoftは開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」で、IEモードの他にEdgeの2つの新機能も発表した。1つ目はプライバシーコントロールを向上させる機能で、エンドユーザーのWebでの行動をサードパーティー企業が追跡するレベルを調整可能にする。2つ目は生産性を高める機能で、WebブラウザのタブやWebページの情報を整理し、オフィススイート「Microsoft Office」(以下、Office)に書き出せるようにする。

プライバシーコントロール機能

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...