2019年05月31日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Edge」で「Internet Explorer」向けアプリが動く「IEモード」とは?より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【前編】

Microsoftは「Microsoft Edge」の次期バージョンに、「Internet Explorer」(IE)の互換モードを導入する。これを使えば、社内のIE向けレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 Microsoftは同社のWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの新機能として、レガシーアプリケーションを実行する機能やプライバシーコントロール機能などを追加すると発表した。

 開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」でMicrosoftが発表した新機能の目玉が、従来の標準Webブラウザである「Internet Explorer」(IE)の互換モード(以下、IEモード)だ。IEモードは、EdgeのタブにIEの機能を組み込む。

 本稿執筆時点では、IEモードはプレビューの段階だ。IE用に作成したレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。Microsoftはこの新機能がEdgeの導入を促進することを期待している。

 「企業のIT部門は旧バージョンのIEへの依存度が高い」と、調査会社Constellation Researchのアナリスト、ホルガー・ミュラー氏は語る。カスタムアプリケーション、ときには標準ソフトウェアさえも、古いIEを必要とすることは珍しくない。「IEモードの追加は、後方互換性を維持しながらEdgeへの移行を後押しすることになるだろう」(ミュラー氏)

「EdgeとIEの行き来」が不要に

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...