2019年05月31日 05時00分 公開
特集/連載

より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【前編】「Microsoft Edge」で「Internet Explorer」向けアプリが動く「IEモード」とは?

Microsoftは「Microsoft Edge」の次期バージョンに、「Internet Explorer」(IE)の互換モードを導入する。これを使えば、社内のIE向けレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 Microsoftは同社のWebブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの新機能として、レガシーアプリケーションを実行する機能やプライバシーコントロール機能などを追加すると発表した。

 開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2019」でMicrosoftが発表した新機能の目玉が、従来の標準Webブラウザである「Internet Explorer」(IE)の互換モード(以下、IEモード)だ。IEモードは、EdgeのタブにIEの機能を組み込む。

 本稿執筆時点では、IEモードはプレビューの段階だ。IE用に作成したレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。Microsoftはこの新機能がEdgeの導入を促進することを期待している。

 「企業のIT部門は旧バージョンのIEへの依存度が高い」と、調査会社Constellation Researchのアナリスト、ホルガー・ミュラー氏は語る。カスタムアプリケーション、ときには標準ソフトウェアさえも、古いIEを必要とすることは珍しくない。「IEモードの追加は、後方互換性を維持しながらEdgeへの移行を後押しすることになるだろう」(ミュラー氏)

「EdgeとIEの行き来」が不要に

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...