「Internet Explorerが終わる日」現実へ 一部サイトをIEで開くとEdgeで強制表示IE延命措置への依存は禁物

Microsoftは、一部のWebサイトを「Internet Explorer」ではなく「Microsoft Edge」で強制的に表示するようにした。専門家は、現実味を帯びてきた「IEの終わり」への準備が必要だと指摘している。

2020年12月13日 10時30分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 Microsoftは、エンドユーザーがWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)を使って一部のWebサイトにアクセスした場合に、最新の「Microsoft Edge」で強制的に開くようにした。IEの終わりが近づいていることが背景にある。

迫る“IEの終わり”

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。