2020年12月13日 10時30分 公開
特集/連載

「Internet Explorerが終わる日」現実へ 一部サイトをIEで開くとEdgeで強制表示IE延命措置への依存は禁物

Microsoftは、一部のWebサイトを「Internet Explorer」ではなく「Microsoft Edge」で強制的に表示するようにした。専門家は、現実味を帯びてきた「IEの終わり」への準備が必要だと指摘している。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Microsoftは、エンドユーザーがWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)を使って一部のWebサイトにアクセスした場合に、最新の「Microsoft Edge」で強制的に開くようにした。IEの終わりが近づいていることが背景にある。

 この措置により、自分のコンピュータにEdgeもインストール済みのIEユーザーが、IEでは適切に表示できないWebサイトにアクセスした場合、そのWebサイトがEdgeで開くようになった。IEで適切に表示できず、この措置の影響を受けるWebサイト(Webアプリケーションを含む)には「Facebook」「YouTube」「Microsoft Teams」「Google Drive」(Googleドライブ)などが含まれる。

 IT担当者がこの措置を無効にする方法もある。ただしアナリストはこの措置について「MicrosoftがIEを引退させようと決意している表れだ」と指摘する。IEでしか動作しないWebアプリケーションに依存している企業は、依存を解消する方法を考えなければならないという。「企業としてIEを使う時代は、過去のものになっている」と、調査会社Gartnerのアナリスト、フィンタン・ライアン氏は語る。

迫る“IEの終わり”

 Microsoftは2020年11月に安定版をリリースしたEdgeのバージョン87から、この措置の適用を開始すると告知していた。Edgeのバージョン87への更新後、IEユーザーは対象Webサイトを最初に閲覧して今回の措置が発動したときに、1回限りの通知画面を目にするようになった。通知画面は、なぜWebブラウザが切り替えられたのかを知らせ、IEの閲覧データと設定をEdgeに取り込むよう促す内容だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...