2017年10月09日 05時00分 公開
特集/連載

攻撃者のこれまでの手口とはiPhoneのパスワード自動入力「iCloud キーチェーン」が安全とは言い切れない理由

iPhoneやMacのパスワード管理「iCloud キーチェーン」の過去のバージョンには脆弱性が存在した。攻撃者はどのようにデータを盗み取ることが可能だったのか。

[Frank Siemons,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Apple | iPhone | 脆弱性 | iOS


AppleのiCloud キーチェーンについてのページ

 Appleは、macOS 8.6においてキーチェーンパスワード管理システムを導入した。その後にリリースされた各macOSにも組み込まれているが、キーチェーンは、パスワードやネットワーク共有、メモ、証明書、クレジットカードの詳細な内容、その他さまざまな機密データを集約的に保管する機能を提供する。

 使い勝手の良いアプリケーションの需要に加えて、クラウドアプリケーションやパスワードマネジャーの人気が高まる中、Appleは、従来のキーチェーンシステムから一歩踏み込んでiCloud キーチェーンを導入した。このクラウドサービスによってmacOSとiOS間で全てのキーチェーンデータを常に同期できる。ユーザー目線では、iCloud キーチェーンは素晴らしいサービスだが、機密データの移動および保管と関連したセキュリティリスクがあるのは言うまでもない。

公開された脆弱(ぜいじゃく)性

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...