徹底レビュー:12.9インチiPad Pro、ノートPC時代を終わらせる完成形タブレットかハイパフォーマンスに磨きをかけ使い勝手向上(1/2 ページ)

初代をさらに高性能化し、ディスプレイなどを強化した2代目「12.9インチiPad Pro」(2017)は永遠に続くと思われた“ノートPC時代”に終わりを告げるのか。徹底レビューする。

2017年07月08日 05時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | 2in1


iPad Proシリーズ《クリックで拡大》

 Appleの2代目「12.9インチiPad Pro」(2017)は、ノートPCを「iOS」タブレットに持ち替えることを真剣に考えるユーザー向けの最新デバイスだ。もともと高速だった初代12.9インチiPad Proのパフォーマンスが大幅に高速化され、ストレージ容量が倍増し、ディスプレイも美しさを増している。だが、それ以外の多くの点には変わりがない。

構造とデザイン

 あらゆるモバイルデバイスにいえることだが、機能を重視すれば、持ち運び易さが犠牲になる。そして、12.9インチiPad Proが重視したのは機能の強化だ。サイズは305.7(高さ)×220.6(幅)×6.9(厚さ)ミリ、重量は677グラム。その薄さは驚くほどだが、それ以外は、ハンドバッグに入れて軽々と持ち運べるようなサイズではなく、リュックサックなどの大きめのバッグが必要になる。

 12.9インチiPad Proは、キーボードのないノートPCのディスプレイのような印象だ。ただし、キーボードの追加は簡単で、2-in-1タブレット/ノートPCとして市場に投入されている。12.9インチiPad Proの拡張キーボードは、Appleの「Smart Keyboard」を筆頭に数多く存在する。

 外観は初代12.9インチiPad Proと変わらず、デザインの特徴も他のAppleのiOSタブレットと同じものが採用されている。角は丸みを帯び、最低限のボタンしかない。外観は洗練され、プロ仕様の製品を好むユーザーにとって魅力的なデザインに仕上がっている。

 カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色が用意されている。スペースグレイバージョンのみ、ディスプレイベゼルに黒を採用し、残りの2色は白になる。

 Apple製品の構造は品質が高いことで有名で、12.9インチiPad Proも例外ではない。だが、実用性を確保しながらタブレットとしての薄さを極限まで追求しているのは確かだ。本稿のレビューに使用した12.9インチiPad Proは、本体を強く押したところ少し曲がったりたわんだりした。元の形に瞬時に戻るが、比較的曲がった状態になりやすいのではと感じられる。そのため、12.9インチiPad Proのスリムな形状を生かした頑丈なケースを用意し、損傷を防ぐことをお勧めしたい。

 12.9インチiPad Proにはスタンドがないので、装着ケースはスタンド付きのものを選ぶと良い。本機は動画表示に最適なのだが、本体が倒れないように支えの追加が必要になる。また、12.9インチiPad Proを2-in-1ノートPCに変身させる拡張キーボードを装着することでも、この目的を果たせる可能性がある。

ディスプレイ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...