2017年06月08日 08時00分 公開
特集/連載

真っ向勝負「iOS」 vs. 「Android」、セキュリティ機能を比べてみた両方の長所・短所を知っておきたい

Apple「iOS」とGoogle「Android」の最新版は、どちらも暗号化その他でセキュリティ機能を強化している。セキュリティ機能対決、勝者はどちらなのだろうか

[Kevin Beaver,TechTarget]

 AppleとGoogleの戦いは長く、「Windows」と「Linux」の関係に似ていなくもない。両社はそれぞれのモバイルOS、「iOS」と「Android」のセキュリティ面でもトップを競い合っている。

 経営陣や最高情報責任者(CIO)にすらセキュリティの重要性を説くことは難しく、平均的なモバイルユーザーの関心もそう高いとは言えない。とはいえ、会社支給のモバイル端末を従業員に配布するか、私物端末の業務利用(BYOD)ポリシーで複数のモバイルプラットフォームをサポートするという場合、IT担当者はAndroidとiOS両方のセキュリティ機能について知っておいた方がいい。

 IT部門や情報セキュリティプログラムに関係しそうなセキュリティ機能を比較し、AndroidとiOSを対決させてみよう。

Android

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。