2023年04月04日 05時00分 公開
特集/連載

公共放送局BBCが明かす「DX予算不足」よりも厄介な“あの問題”とは?BBCのDX戦略に立ちはだかる「理想と現実」【第4回】

公共放送局のBBCはDXを進め、事業の軸を放送からデジタル配信に移行させようとしている。予算に制限があることは、同局にとって大きなハードルであることは確かだ。実はそれ以外にもDXを阻む“ある問題”がある。

[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

データ | IT戦略 | データ分析


 公共放送局BBC(英国放送協会)は積極的にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する姿勢を表明しているが、計画遂行能力や予算などに課題がある――。英国会計検査院(NAO:National Audit Office)は2022年12月に公開した報告書「A digital BBC」で、こう指摘した。公共放送局としてDXを進める上で、当のBBCはどのような課題を認識しているのか。

BBCがDX推進で直面した「予算不足」だけじゃない“あの問題”

 NAOの報告書が示した懸念を受けて、英国公会計委員会(PAC:Public Accounts Committee)は2023年1月、BBC幹部を呼んで証人喚問を実施した。PACの質疑に対してBBC会長のティム・デイビー氏は「“信じられないほど困難な環境”でBBCを運営している」と前置きしつつ「必要な改革のための体制は整っており、NAOが表明した懸念に対処できると確信している」と主張。BBCの長寿テレビドラマシリーズ『Doctor Who』の新シーズン(2023年後半に開始)を、Walt Disneyの動画配信サービス「Disney+」で配信することを例に挙げ、BBCが積極的な商業計画を持っていることを強調した。

 BBCが直面しているデジタル分野の変化と、それを克服するための対策について、PACはBBC幹部に質問した。同局の最高製品責任者(CPO)ストーム・フェイガン氏はこれを受けて「大きな課題の一つはデータの扱いだ」と率直に明かした。「データを利用する方法に関して、世界的に大きな変化が起きている」(フェイガン氏)

 NAOの報告書には、BBCが抱える主要な3つの課題についての記述がある。検索、レコメンデーション、メタデータ利用だ。BBCの事業の軸が放送からデジタル配信に移行すると、こうしたデータ活用技術の重要性が高くなる。「BBCのDXは受信料制度のプレッシャーがある中で公的資金を投入する取り組みであり、今後も注意深く監視を続ける」とPACは警告する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...