Uberがオンプレミスに加えて「Oracleのクラウド」を使う“端的な理由”はこれだUberの成長を支えるクラウド戦略【前編】

配車サービスやフードデリバリーサービスの事業を拡大させてきたUberは、Oracleとパートナーシップを締結。システムを支えるインフラに変更を加えて、事業の成長を加速させる。

2023年04月03日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 配車サービスを提供するUber Technologies(以下、Uber)は、Oracleと7年間の戦略的パートナーシップを締結したことを2023年2月13日(米国時間)に発表した。配車サービスの提供地域を広げる他、フードデリバリー領域にもサービスを拡大するUberは、事業を支えるインフラに変更を加える。

Uberが「Oracleのクラウド」を使う理由

 UberとOracleのパートナーシップ締結の目的は、Uberがクラウドサービスを活用して自社の成長を促進することにある。重要なシステムの一部をOracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)に移行させる。インフラを最新化すると同時に、新サービスを市場に投入するまでの時間を短縮する狙いだ。Uberは声明で「新たな市場に参入する際には、自社の核となる強みに資源を集中させることが重要になる」と述べる。

 拡大する事業にインフラを適用できるよう、Uberはオンプレミスインフラとクラウドサービスを連携させて使う「ハイブリッドクラウド」を推進する。同社のハイブリッドクラウドは、OCIを含むクラウドサービスと、コロケーション施設に配置する自社保有のサーバ群で構成される。

 Uberが発表した2022年第4四半期(10〜12月期)の業績は、売上高が前年同期比約49%増の86億700万ドルだった。配車やフードデリバリーの取り扱い件数は前年同期比約19%増の約21億件に達し、過去最高を記録するなど事業が成長している。


 後編は、UberがOCIを選んだ理由や、OCIを用いて実施する取り組みを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...