2023年04月03日 05時00分 公開
特集/連載

Uberがオンプレミスに加えて「Oracleのクラウド」を使う“端的な理由”はこれだUberの成長を支えるクラウド戦略【前編】

配車サービスやフードデリバリーサービスの事業を拡大させてきたUberは、Oracleとパートナーシップを締結。システムを支えるインフラに変更を加えて、事業の成長を加速させる。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 配車サービスを提供するUber Technologies(以下、Uber)は、Oracleと7年間の戦略的パートナーシップを締結したことを2023年2月13日(米国時間)に発表した。配車サービスの提供地域を広げる他、フードデリバリー領域にもサービスを拡大するUberは、事業を支えるインフラに変更を加える。

Uberが「Oracleのクラウド」を使う理由

 UberとOracleのパートナーシップ締結の目的は、Uberがクラウドサービスを活用して自社の成長を促進することにある。重要なシステムの一部をOracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)に移行させる。インフラを最新化すると同時に、新サービスを市場に投入するまでの時間を短縮する狙いだ。Uberは声明で「新たな市場に参入する際には、自社の核となる強みに資源を集中させることが重要になる」と述べる。

 拡大する事業にインフラを適用できるよう、Uberはオンプレミスインフラとクラウドサービスを連携させて使う「ハイブリッドクラウド」を推進する。同社のハイブリッドクラウドは、OCIを含むクラウドサービスと、コロケーション施設に配置する自社保有のサーバ群で構成される。

 Uberが発表した2022年第4四半期(10〜12月期)の業績は、売上高が前年同期比約49%増の86億700万ドルだった。配車やフードデリバリーの取り扱い件数は前年同期比約19%増の約21億件に達し、過去最高を記録するなど事業が成長している。


 後編は、UberがOCIを選んだ理由や、OCIを用いて実施する取り組みを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...