2023年05月29日 08時15分 公開
特集/連載

「クラウドにロックインはない」は誤解だった? クラウドファーストの落とし穴「クラウドファースト」戦略の手法とリスク【中編】

「クラウドファースト」を採用する場合、クラウドサービスのメリットだけではなくリスクにも留意する必要がある。クラウドサービスが抱える主なリスクと、その解決策を説明する。

[Tom NolleTechTarget]

 「クラウドファースト」は、システムのインフラとしてクラウドサービスを優先的に採用するIT戦略だ。クラウドサービスの利用を前提としてシステムを構築することで、ユーザー企業はクラウドサービスのメリットを享受しやすくなる。

 常にクラウドファーストが適切なわけではない。既存システムにしても、新規システムにしても、インフラとしてクラウドサービスを利用する場合には、さまざまなリスクがあるからだ。どのようなリスクなのか。クラウドファーストを採用する前に把握すべき、クラウドサービスの主要なリスク3つを整理する。

1.クラウドにも実はあった「ベンダーロックイン」

 クラウドベンダーは、サーバやストレージといった汎用(はんよう)的な用途のクラウドサービスだけを提供しているわけではない。例えばクラウドベンダーは、自社が提供するクラウドサービスを生かしたシステムを開発しやすくするために、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を提供している。

 開発者はクラウドベンダーが提供するAPIを使用することで、システムを迅速に開発できるようになる。一方でこうしたAPIを使用して開発したシステムは、他のクラウドサービスやインフラに移植する場合に、大幅なソースコードの書き換えが必要になることがある。つまり特定ベンダーの技術に依存し、他の選択肢を採用しにくくなる「ベンダーロックイン」が発生するのだ。

 システムの移植をしやすくするには、Red HatやVMwareが提供するコンテナ管理製品やサーバ仮想化製品を利用して、インフラを抽象化するとよい。これらの製品は、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftなど、さまざまなベンダーのIaaS(Infrastructure as a Service)で実行できる。


 後編は、残る2つのリスクである「コスト」「セキュリティ」のリスクと、これらのリスクの影響を小さくする方法を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...