クラウドをやめる「脱クラウド」を選ばざるを得なくなる“あの不満”の正体「脱クラウド」8つのステップ【第1回】

全てのアプリケーションのインフラとして、クラウドサービスが適しているとは限らない。ユーザー企業がクラウド移行で思ったような効果が得られず、「脱クラウド」を検討せざるを得なくなる理由とは何なのか。

2023年04月12日 10時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 インフラとしてクラウドサービスを選択することが、必ずしも全てのアプリケーションにとって最適とは限らない。クラウドサービスが、アプリケーションのインフラとして期待に沿っているかどうか疑わしい――。そう考え始めた場合、アプリケーションのインフラをクラウドサービスからオンプレミスインフラに戻す「脱クラウド」を検討する価値がある。

「脱クラウド」を招く“あの不満”とは

 クラウドベンダーが提供するインフラの管理機能は限られているため、可視性が損なわれる場合がある。オンプレミスインフラの管理性を失うことを嫌うユーザー企業は、クラウドサービスへの移行を避ける傾向がある。

 コストも、クラウドサービスへの移行を避ける原因となる。クラウドベンダーが所有するデータセンターから、他のインフラにデータを転送(エグレス)する場合に掛かる「エグレス料金」は、クラウドサービスのコストが高騰する原因になり得る。

 脱クラウドは、クラウドサービスへの移行と同等か、それ以上に複雑な作業になる可能性がある。ただし移行のプロセスを綿密に計画し、起こり得る課題を予測すれば、エンドユーザーを混乱させたり、データを失ったりすることなく、アプリケーションをオンプレミスインフラに戻すことが可能だ。


 第2回は、クラウドサービスで稼働するアプリケーションを、オンプレミスインフラに戻すための主なステップを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...