ChatGPTの頭脳「GPT」が爆速で進化 “賢さ”の歴史を数字で追う「ChatGPT」と「GPT」の違い【第3回】

「ChatGPT」普及の背景には、その頭脳に当たる「GPT」の急速な進化がある。実際にどのくらい進化しているのか。数字を交えながら、GPTの進化を見てみよう。

2023年06月29日 08時15分 公開
[George LawtonTechTarget]

 2022年11月、人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIが公開したAIチャットbot「ChatGPT」。その仕組みを支えるのは、同じくOpenAIが公開しているLLM(大規模言語モデル)「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)だ。ChatGPTの自然言語処理を支えるGPT。その実力とは。

“桁違い”どころじゃない「GPT」の進化

 OpenAIは当初、GPTの自然言語処理レベルを示す指標として、GPTのパラメータ数(データ変数)を公開していた。それによると、GPT各バージョンのパラメータ数は以下の通りだ。

  • GPT-1:1億1700万個
  • GPT-2:最大15億個
  • GPT-3:最大1750億個

 パラメータ数は「多いほど良い」という単純なものではない。むしろパラメータ数が大きくなると動作が遅くなったり、コストが高くなったりする可能性がある。OpenAIは「GPT-3.5」と「GPT-4」に関して方針を変え、パラメータ数を公表しないことにした。ちなみにバージョンが上がるにつれ、GPTの利用料金は高くなっている。

 OpenAIはGPTの自然言語処理のレベルを高めるとともに、テキストの処理だけではなく、音声や画像の処理機能の開発にも取り組んできた。ChatGPTのプロンプト(情報生成のための質問や指示)に画像を入れても処理が可能なのは、こうした開発の成果による。

 企業は、OpenAIが提供するChatGPTのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使い、自社のシステムをChatGPTと連携させることができる。データ分析事業を手掛けるTIBCO Softwareのカスタマーエンゲージメント担当ディレクター、ロリ・ヴィツェル氏は「APIによって、ChatGPTの活用の幅が広がっている」と語る。


 次回は、言葉としてのChatGPTとGPTの使い分けを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...