OpenAIは「フェアユース」と反論 米紙のAI著作権侵害訴訟の行方は?ChatGPTを手掛けるAIベンダーの主張

日刊紙を発行するThe New York TimesがOpenAIを著作権侵害で提訴したことに対し、OpenAIはブログで反論した。その主張はどのようなものなのか。

2024年01月11日 11時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 人工知能(AI)ベンダーOpenAIは2024年1月8日(現地時間)、日刊紙を発行するThe New York TimesがMicrosoftとOpenAIを著作権侵害で提訴した件に関する反論を公式ブログに掲載した。OpenAIの主張は、大規模言語モデル(LLM)のトレーニングに記事を利用することはあくまでも「公正な利用」(フェアユース)に該当するというものだ。

OpenAIの主張は? 何が問題視されているのか

 The New York Timesは、OpenAIが同社のLLMのトレーニングにThe New York Timesの記事を膨大に利用していることを問題視している。これに対してOpenAIは、同社が報道機関とのパートナーシップを追求してきたことを説明しつつ、「Webで一般公開されている資料をLLMのトレーニングに利用することはフェアユースであり、その考え方は法学者や市民団体、スタートアップ(創業間もない企業)、クリエイターなど、米国著作権局(United States Copyright Office)にコメントを提出した人々の支持を得ている」と主張する。OpenAIは、同社のツールが報道機関の記事にアクセスすることを防ぐ「オプトアウト」(拒否)の手段を提供していることも公式ブログのエントリ(投稿)で説明している。

 一方でThe New York Timesの主張に説得力があるポイントは、The New York Timesの有料購読モデルが成功していることだ。「こうした事情はOpenAIの『フェアユース論』を複雑にする」と調査会社Futurum Researchのアナリスト、マーク・ベキュー氏は言う。「The New York Timesの記事は著作権で保護されているだけでなく、有料コンテンツでもあるという点が重要だ。読者が同社のコンテンツにお金を支払っていることが、同社にとってはコンテンツを守る大きな動機になる」(べキュー氏)

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...