2020年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

在宅勤務を快適にするには「VDI」を構築すべきこれだけの理由“全社員テレワーク”の大本命【後編】

在宅勤務などのテレワークを実践する企業が、「VDI」を導入すべき理由が幾つかある。どのような利点があるのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]

 在宅勤務などのテレワークを支えるITインフラとして、「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」(CI)は有効な選択肢になる。「仮想デスクトップインフラ」(VDI)を比較的容易に構築できるからだ。

 テレワーク用のリモートアクセス環境を実現するに当たっては、従業員がテレワーク中に使うクライアントデバイスで、適切な業務アプリケーションを利用できる必要がある。テレワークでは会社で利用するクライアントデバイスではなく、個人が所有するクライアントデバイスを利用するケースは珍しくない。Webブラウザで利用する業務アプリケーションが大半であれば大きな問題にはならないが、クライアントデバイスにインストールして利用するクライアントアプリケーションへの依存度が高い場合は問題が生じる恐れがある。

 従業員の個人所有のクライアントデバイスには、会社で使用している業務アプリケーションがインストールされていない可能性が高い。仮に何らかの業務アプリケーションを個人所有のクライアントデバイスで利用できたとしても、その業務アプリケーションにクロスプラットフォーム(異なるデバイスやOSで利用できる仕組み)の機能がなければ問題になる。例えば「Windows」のアプリケーションを「iPadOS」で実行することはできないことがほとんどだ。

VDIがテレワークに適する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...