2020年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

在宅勤務を快適にするには「VDI」を構築すべきこれだけの理由“全社員テレワーク”の大本命【後編】

在宅勤務などのテレワークを実践する企業が、「VDI」を導入すべき理由が幾つかある。どのような利点があるのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]

 在宅勤務などのテレワークを支えるITインフラとして、「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」(CI)は有効な選択肢になる。「仮想デスクトップインフラ」(VDI)を比較的容易に構築できるからだ。

 テレワーク用のリモートアクセス環境を実現するに当たっては、従業員がテレワーク中に使うクライアントデバイスで、適切な業務アプリケーションを利用できる必要がある。テレワークでは会社で利用するクライアントデバイスではなく、個人が所有するクライアントデバイスを利用するケースは珍しくない。Webブラウザで利用する業務アプリケーションが大半であれば大きな問題にはならないが、クライアントデバイスにインストールして利用するクライアントアプリケーションへの依存度が高い場合は問題が生じる恐れがある。

 従業員の個人所有のクライアントデバイスには、会社で使用している業務アプリケーションがインストールされていない可能性が高い。仮に何らかの業務アプリケーションを個人所有のクライアントデバイスで利用できたとしても、その業務アプリケーションにクロスプラットフォーム(異なるデバイスやOSで利用できる仕組み)の機能がなければ問題になる。例えば「Windows」のアプリケーションを「iPadOS」で実行することはできないことがほとんどだ。

VDIがテレワークに適する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...