クラウドセキュリティのキャリアアップに役立つ「認定資格」はどれだ?役立つクラウド認定資格11選【第3回】

クラウドサービスやクラウドインフラに関連する認定資格にはさまざまな種類がある。その中から、クラウドセキュリティに関わる担当者や管理者のキャリアップに役立つ認定資格を紹介する。

2024年06月08日 08時00分 公開
[Damon GarnTechTarget]

 クラウドベンダーやIT業界団体は、クラウドサービスやクラウドインフラ管理に関連するさまざまな認定資格を提供している。IT管理者はこれらの認定資格を取得することで自身のスキルを証明でき、スキルアップや昇進に役立てることができる。

 本稿は主なクラウド認定資格の中から、クラウドセキュリティに関する代表的な認定資格を紹介する。

キャリアップに役立つ「クラウドセキュリティの認定資格」はこれだ

 セキュリティの資格には、時代が変わっても役立つ普遍的な価値がある。以下の認定資格は、特定のベンダーに依存しない中立的な内容になっている。ベンダーロックインを避けたい組織や、幅広いサービスの知識を必要とするIT管理者にとって注目に値する。

CCSP

 ISC2(International Information System Security Certification Consortium)のCCSP(Certified Cloud Security Professional)は、以下の知識を問う資格だ。

  • クラウドのアーキテクチャと設計
  • データセキュリティ
  • プラットフォームセキュリティ
  • アプリケーションセキュリティ
  • コンプライアンス

 CCSPは、米国国防総省で情報管理を担う人材の要件である「DoD Directive 8570.1M」(米国国防総省指令8570.1M)に準拠している。

 CCSPの特徴は、受験のために5年以上のIT業界経験(そのうち情報セキュリティに関する業務経験が3年以上)を証明する必要があることだ。実務経験がなくても試験に合格すれば、ISC2 準会員(アソシエイト)の資格が与えられる。アソシエイトは6年以内に規定の実務経験を積むことで、正規の認定が受けられる。

項目 内容
試験費用 599ドル
試験時間 240分
問題数 150問(複数選択式)
最低合格点 700点

GCSA

 GIACの「GIAC Cloud Security Automation」(GCSA)は、以下の分野をはじめとして、クラウドセキュリティに関するさまざまな知識や実践のスキルを問う資格だ。

  • DevOps(運用と開発の融合)
  • セキュリティ
  • コンテナ
  • Infrastructure as Code(IaC)

 ベンダーに依存しない認定資格となっている。ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのインフラを管理するIT管理者に適する。

項目 内容
試験費用 979ドル
試験時間 120分
問題数 75問
最低合格点 61%


 第4回は、クラウドアーキテクトのための認定資格と、クラウドに関するより幅広い知識を証明するための認定資格を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...