2020年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

「CDN」「PaaS」はAWS、Azure、GCPとニッチクラウドのどれを選ぶべきか“専用”と“汎用”のクラウド比較【後編】

「CDN」や「PaaS」は、AWSやAzure、GCPといった「ハイパースケールクラウド」だけにあるわけではない。より小規模な「ニッチクラウド」にも選択肢はある。どのような視点で選定すべきか。

[Chris Tozzi,TechTarget]

 クラウドサービスは特定の目的に特化した小規模な「ニッチクラウド」と、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleといったベンダーが提供する、汎用(はんよう)的かつ大規模な「ハイパースケールクラウド」の2種類に大別できる。ニッチクラウドとハイパースケールクラウドは、それぞれ長所と短所を持つ。

 前編「『ニッチクラウド』と『ハイパースケールクラウド』の4つの違いとは?」と中編「『クラウドストレージ』3大選定ポイント AWS、Azure、GCPかニッチクラウドか」に続く本稿は、「CDN」(コンテンツデリバリーネットワーク)と「PaaS」(Platform as a Service)の観点から、ニッチクラウドとハイパースケールクラウドを比較する。

CDN

 ハイパースケールクラウドベンダーのAWSとMicrosoft、Googleは、それぞれ「Amazon CloudFront」「Content Delivery Network」「Cloud CDN」といったCDNを提供している。CDNによってコンテンツを配信する際のパフォーマンスが向上し、送信時間を短縮できる。Akamai TechnologiesやCloudflare、Fastlyなど、CDN専門のベンダーも存在する。

 CDN専門のニッチクラウドは、大規模なユーザー企業向けに個別にカスタムした料金プランを提供することがある。一方ハイパースケールクラウドのCDNは、関連するデータやシステムが同一クラウドサービスにある場合、関連するデータ転送料金を請求しない。例えばAWSのクラウドストレージ「Amazon S3」のバケット(データの格納場所)にデータを保存している場合、Amazon CloudFrontでそのデータを利用するときに料金は発生しない。

 ニッチクラウドは、ハイパースケールクラウドでは利用できない追加機能も提供している。例えばFastlyは開発者がデータとアプリケーションの地理的配置を最適化するのに役立つ特別なツールを提供する。高度なパフォーマンスを必要とせず、小規模のCDNで十分な場合でも、通常は料金と機能の比較に基づけば、ハイパースケールクラウドの選択が最適だ。ニッチクラウドは、より広範な用途に対処する。

PaaS

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...