「CDN」「PaaS」はAWS、Azure、GCPとニッチクラウドのどれを選ぶべきか“専用”と“汎用”のクラウド比較【後編】

「CDN」や「PaaS」は、AWSやAzure、GCPといった「ハイパースケールクラウド」だけにあるわけではない。より小規模な「ニッチクラウド」にも選択肢はある。どのような視点で選定すべきか。

2020年04月08日 05時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 クラウドサービスは特定の目的に特化した小規模な「ニッチクラウド」と、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleといったベンダーが提供する、汎用(はんよう)的かつ大規模な「ハイパースケールクラウド」の2種類に大別できる。ニッチクラウドとハイパースケールクラウドは、それぞれ長所と短所を持つ。

 前編「『ニッチクラウド』と『ハイパースケールクラウド』の4つの違いとは?」と中編「『クラウドストレージ』3大選定ポイント AWS、Azure、GCPかニッチクラウドか」に続く本稿は、「CDN」(コンテンツデリバリーネットワーク)と「PaaS」(Platform as a Service)の観点から、ニッチクラウドとハイパースケールクラウドを比較する。

CDN

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...