2018年07月27日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、Google、Red Hat、Pivotalなど主要PaaSベンダー10社、ツールの長所と短所を総比較 (1/2)

「どのPaaSプロバイダーが自社の開発ニーズに最適か」。悩んでいる皆さんが判断しやすいように、主要なベンダーとその特徴を一挙に整理して紹介する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 PaaS(Platform as a Service)は、クラウド市場の中でも特にユニークなセグメントだ。プロバイダーによってサービスが大幅に異なるからだ。コストやターゲット市場、サポートされている技術スタックなど、さまざまな要素を踏まえて適切なPaaSプロバイダーを選ぶのは大変だ。

 大きなIT購入の決定には、ロックインのリスクが常につきまとうが、PaaSではそのリスクが高まる。新しいプロバイダーに乗り換えると、特にコストが高くつく可能性があるからだ。そのため導入候補のPaaSの長所と短所を注意深く比較検討し、自社の現在のニーズを満たすだけでなく、将来の要件にも対応できるものを見極めることが極めて重要になる。

 こうした判断に役立つように、現在市場に出回っている主要なPaaSとベンダーの概要を総ざらいをする。取り上げるのは以下のPaaSだ。

  1. Amazon Web Services
  2. Microsoft
  3. Google
  4. Engine Yard
  5. Red Hat
  6. Heroku
  7. Pivotal
  8. Oracle
  9. IBM
  10. Jalastic

1.Amazon Web Services

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。