2017年07月27日 05時00分 公開
特集/連載

徹底比較:Salesforce、AWS、Azureなどの主要PaaSを紹介 将来有望なのは?市場規模が徐々に拡大、競争も激烈に

PaaSの前途は有望だが、競争は熾烈だ。アプリケーション開発の分野で重要性を増しつつあるPaaS市場の主要サービスを紹介する。

[Twain Taylor,TechTarget]
画像 PaaSでアプリケーションを実行するまでの流れ(参照:Dockerが提唱する“Container as a Service”とは、早い話がPaaSである)《クリックで拡大》

 PaaS(Platform as a Service)は今のところ、SaaS(Software as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)が過去10年間に経験したほどの爆発的な成長を遂げていない。ただし開発者が数名しかおらず、基盤インフラの管理が開発ペースに追い付かない状況にあるスタートアップ企業は、PaaSを好んで選択している。PaaSは下位層のインフラストラクチャを抽象化し、アプリケーションの開発やテスト、導入に利用できるプラットフォームを提供することによって、アプリケーションの開発を簡素化する。

 運用チームは構成済みのインフラストラクチャをコンソールから利用することで、サーバやストレージ、ネットワークなど、スタックの下位コンポーネントの管理に要する時間を大幅に削減することが可能だ。PaaSは通常、コンピュートリソースやOS、開発・テストツール、セキュリティ機能、エンドツーエンドのパフォーマンス監視など、開発に必要な全ての要素を含む。アプリケーション開発に大勢の開発者やサードパーティー開発者が関与する企業にとって、PaaSは優れた選択肢となる。

 本稿では主要なPaaSを幾つか取り上げ、PaaS市場の主な動きとともに紹介する。

クラウド ナビ


Salesforce.com「Salesforce App Cloud」

 Salesforce.comの「Salesforce App Cloud」は、同社のPaaSである「Heroku」と「Force.com」にユーザーエクスペリエンスプラットフォーム「Lightning」と同社のその他のサービスを組み合わせた統合プラットフォームだ。Salesforceは自社で開発したForce.comとLightningだけでは、それほど支持を獲得できていない。だが同社が2010年に買収したHerokuは、PaaS市場の黎明期から存在するよく知られたベンダーであり、それだけでもSalesforce App Cloudに与える影響は絶大だ。Herokuは多数のプログラミング言語とハイブリッドインフラをサポートする成熟したPaaSプラットフォームであり、恐らく開発者がPaaSプラットフォームといわれてまず思い浮かべる名前である。この状況はまだ当分は変わりそうにない。それでもSalesforce App CloudがPaaS市場で成功するためには、Herokuのレガシーに頼っているだけでは駄目だ。SaaSの草分け的存在であるSalesforceがPaaSで同じ成功を繰り返せるかどうかは、まだ定かではない。

Google「Google App Engine」

 「Google App Engine」(GAE)は、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」で最初にスタートしたサービスだ。動画メッセージングサービス「Snapchat」やモバイルゲーム「Angry Birds」などのアプリケーションがプラットフォームに採用している。創業からの数年間ダウンタイムに悩まされたTwitterなどのスタートアップ企業とは異なり、GAEを利用したアプリケーションはそうした問題とはほとんど、あるいは、全く無縁で済んだ。GAEは負荷分散とスケーリングを自動的に実施できるので、リソースの限られたスタートアップ企業にとって理想的なサービスだ。GAEはHerokuほどオープンな技術を採用しておらず、プロプライエタリなSQLデータベースとAPIを使用している。ただしGAEは「Amazon Web Services」(AWS)などのIaaSと比べて、アプリケーションの開発とスケーリングを大幅に簡素化できる。マイナス面としては、GAEは2016年に一度大規模障害を起こし、Snapchatも含め、GAEを利用したアプリケーションの21%が停止するという事態を招いたことがある。ただしこれは例外的なケースであり、その他の点においては、GAEはPaaS市場における手堅い有力候補の1つである。

AWS「AWS Elastic Beanstalk」

 IaaS市場のリーダーであるAWSは、「Amazon Elastic Beanstalk」というPaaSを提供している。企業がElastic Beanstalkを選ぶ理由の1つに、NoSQLデータベース「Amazon DynamoDB」や運用監視ツール「AWS CloudWatch」、ストレージ「Amazon Simple Storage Service」、アクセス制御「AWS Identity and Access Management」といったAWSの各種サービスとの連携がある。AWSでインフラを構築した経験がある人ならば、使い慣れたAWSのコンソールとツールでPaaSベースのアプリケーションが管理できる。HerokuもAWSのIaaS上に構築されているが、Elastic Beanstalkの方がAWSの仮想サーバ「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を管理しやすい。Elastic Beanstalkは、利用者による独自のカスタムプラットフォームの作成もサポートする。これを理由に、HerokuからElastic Beanstalkに乗り換えたユーザーもいる。ただしこうなるとIaaSとPaaSの区別は曖昧となり、PaaSとは何かという疑問が浮かぶ。その答えは企業とアプリケーションによって異なるだろうが、検討に値する疑問ではある。

Red Hat「Red Hat OpenShift」

 「Red Hat OpenShift」はオープンソースソフトウェアを基盤とするPaaS型クラウドサービスだ。近年開発者の間で人気のコンテナ技術「Docker」とコンテナ管理ツール「Kubernetes」に重点を置くことで他社との差別化を図り、自らを「エンタープライズクラスのコンテナプラットフォーム」と称している。Red Hatはこの製品で開発者の支持を取り付けようと力を注いでいる。従来Red HatはIT部門にソリューションを販売してきたが、PaaSのターゲットとなるのは開発者だ。Red HatはOpenShiftでパブリッククラウドとプライベートクラウドにわたる単一のプラットフォームを提供することを目指しており、この目的のために、OpenShiftをAWSやGoogle Cloud Platformといったパブリッククラウドプラットフォームに対応したバージョンを提供している。Red Hatは従来、ベンダーロックインを嫌う企業の間で大きな成功を収めてきた。飽和状態のPaaS市場において、OpenShiftが影響力を発揮できるかどうかは、まだ定かではない。

Microsoft「Azure App Service」

 Microsoftは2015年、PaaS「Azure App Service」を発表した。Azure App Serviceでは、Webアプリ、モバイルアプリ、APIアプリ(APIを構築し利用できる)、ロジックアプリ(ワークフローやビジネスプロセスを自動化できる)に加え、サーバレスアーキテクチャを実現する関数アプリ(Azure Functionsの関数)を作成できる。クロスプラットフォーム化という時代の流れに合わせ、MicrosoftはAzure App Serviceで構築したアプリケーションをどのプラットフォームでも実行可能にしている。Azure App Serviceは目下、PaaS市場への最新の参入者として足固めを図っている段階だ。

新勢力

 上述したベンダーはいずれもIaaSとSaaSで既に人気を確立し、各種ソリューションを販売するための十分な資金力を有している。一方、PaaS市場での成功を目指し、こうした大手に戦いを挑んでいる新勢力もある。その代表格Cloud FoundryはオープンソースのPaaSだ。こうした新勢力に共通するのは、DockerとKubernetesを全面的に採用していることだ。Cloud FoundryやEngine Yard、ApprendaといったPaaS事業者は、市場を席巻中のコンテナ技術の時流に乗るべく、DockerおよびKubernetesとの統合強化を発表している。

 PaaS市場はまだ動き始めたばかりだ。アプリケーションは今後10年間で徐々に、基盤インフラを心配する必要のないDevOpsチームによって導入されることになるだろう。そこでPaaSの出番だ。当初の予想より時間はかかっているが、興味深い動きは確かに進んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...