2016年03月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第3回】Dockerが提唱する“Container as a Service”とは、早い話がPaaSである (1/2)

DockerとPaaSは、DevOpsを支援する技術として相反するもののように見えるが、実際は対立関係ではなく協力関係にある。具体的にどういうことか。両者の仕組みを図で解説する。

[草間一人,著]

DockerとPaaSの違い

 前回(アプリケーションの開発と運用を加速するDockerとPaaS、両者の違いは?)は、「Docker」と「PaaS(Platform as a Service)」の違いについて解説したが、もう一度簡単に両者についておさらいしてみよう。

 まずDockerは、コンテナ技術を応用したソフトウェアであり、アプリケーションのポータビリティ性を高め、さまざまな場所で環境差分なく展開できる仕組みを備えている。開発者と運用者の橋渡しに最適なツールだ。

 PaaSはカテゴリの名称であり、各サービスによって差異はあるものの、簡易な操作でアプリケーションをデプロイでき、かつ運用を一任できるようなサービスを指す。アプリケーション開発の現場から、運用という仕事をなくしてしまうことで生産性を高めるのがPaaSだ。

広がる“Docker+PaaS”

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...