大躍進のコンテナ技術「Docker」、導入と活用のための5つのヒントまだ使ってない人も、まだまだ使いたい人も

2014年に脚光を浴び始めて以来、ファンが増え続けている「Docker」。その理由を理解するとともにDockerコンテナを有効活用するためのポイントを紹介する。

2016年01月06日 15時00分 公開
[Kathleen CaseyTechTarget]

関連キーワード

Docker | DevOps | 仮想マシン(VM)


Docker 「Docker」はポータビリティやスケーラビリティの向上に貢献する(出典:DockerのWebサイト)《クリックで拡大》

 オープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」は2014年にコンテナ技術に新たな光を当て、2015年にはコンテナ市場を席巻した。コンテナのポータビリティとスケーラビリティがクラウドユーザーや開発者の反響を呼び、Dockerは普及が進み、企業ユーザー向け機能がますます充実してきている。

 競合技術でも同様のサービスの整備が急ピッチで行われているが、Dockerは既におなじみの名前だ。それでも、「そもそもコンテナを導入すべきかどうか」、あるいは「コンテナをクラウド環境にどのように統合するか」で悩んでいる企業もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...