2015年12月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

永続ストレージサービスを統合「Docker」向けハイパーコンバージドインフラ登場、その機能とは?

スタートアップ企業の米Rancher Labsはアプリケーション開発者に新しい永続ストレージサービスとハイパーコンバージドインフラを提供。「Docker」コンテナ向けソリューションを拡充する。

[Sonia Lelii,TechTarget]

 米Rancher Labsは先頃、「Docker」コンテナ向けのハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラプラットフォーム「Hyper-Converged Infrastructure for Containers」を発表した。同社のOSと新しい永続ストレージサービス「Persistent Storage Services for Docker」を統合したプラットフォームによって、開発者はコンテナ化したアプリケーションにストレージを配備できるようになる。

 Rancher LabsはDockerコンテナを実行するための「Linux」ベースの軽量OS「RancherOS」の開発元であり、2015年夏には1000万ドルの資金調達を発表している。Rancher Labsのスタックには永続ストレージサービスの他、Dockerコンテナの管理ツール「Rancher」も含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...