2015年12月09日 15時00分 UPDATE
特集/連載

分散アプリケーションのライフサイクル管理で前進運用管理機能を強化した「Docker」、IT部門のお墨付きを得られるか? (1/2)

Dockerは2015年11月、運用や管理を向上させるオンプレミスのCaaS(Containers as a Service)ソリューションとともに、Dockerコンテナのセキュリティ強化を発表した。

[Trevor Jones,TechTarget]

関連キーワード

Docker


tt_aa_kaigai.jpg Docker Universal Control Plane(出典:DockerのWebサイト)《クリックで拡大》

 開発者の間で急速に普及が進んでいる米Dockerのオープンソースコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。その勢いに乗ってエンタープライズ市場におけるコンテナ技術の包括的なサプライヤーを目指す同社は、運用に焦点を当てた製品の拡充を打ち出した。

 Dockerは2015年11月中旬、スペインのバルセロナで開催した開発者カンファレンス「DockerCon Europe 2015」で、Dockerベース分散アプリケーションのライフサイクル管理を実現するための一連の機能やソリューションを発表した。発表されたのは、Dockerコンテナの新しいセキュリティ機能に加え、任意のインフラを使用した本番環境に分散アプリケーションを展開し、管理するためのオンプレミスソリューション「Docker Universal Control Plane 1.0」など。このソリューションの提供は、参入ベンダーが増えている「Containers as a Service(CaaS:サービスとしてのコンテナ)」分野におけるDockerの新たな展開だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...