2016年12月05日 15時00分 公開
特集/連載

Google Cloud Platformは業務アプリケーションの移行先となるかAWSと比べて何が足りない?

Googleのクラウドサービスはビジネスユーザーを考慮し、2016年に大幅な進化を遂げている。こうした改善は2017年にも続きそうだ。

[Kurt Marko,TechTarget]
《クリックで拡大》

 Amazon Web Services社が提供するパブリッククラウド「Amazon Web Services」(以下、AWS)は好評を博している。その結果、クラウドサービスとして利用できる他の大手競合インフラが見逃されがちになっている。例えば、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)などがある。多くのユーザーは、Googleの「Google Apps for Work」(2016年9月、「G Suite」に改称)を介してGoogleのクラウドサービスに慣れ親しんでいる。だがGCPにとってAWSは、クラウドサービスの手ごわい競合相手として立ちはだかっている。その原因は同社のIaaS(Infrastructure as a Service)の「Google Compute Engine」(GCE)とPaaS(Platform as a Service)の「Google App Engine」(GAE)にある。

 Googleは、ビジネスユーザーの関心を高めることを目的とした一連の対策を2016年に講じている。とはいえGoogle Cloud Platformとオンプレミスのレガシーなワークロードを統合するという観点では、まだやるべきことがあるのが実情だ。

 本稿では、2016年10月時点でのGoogle Cloudの進展について解説する。具体的には、Google Cloud Platformに対して最近行われた更新やクラウド管理者が2017年のウィッシュリストに持ち越した項目について紹介する。

Google Cloud Platformのサービスと機能

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...