2020年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10X」とは? デュアル画面向けの新たなWindows「Windows 10X」の正体【前編】

Windowsの新バージョン「Windows 10X」は、「Surface Neo」をはじめとしたデュアルディスプレイを持つデバイスに搭載される。Windows系のOSとしてどのような位置付けになるのだろうか。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Windows | OS | ビジネスPC


 「Windows 10」のデュアルディスプレイ搭載デバイス向け新バージョンが「Windows 10X」だ。「MicrosoftにとってWindows 10Xは、広く普及した『Windows』シリーズの“現代化”を図る取り組みの一環だ」と見て、その機能の一部が本流のWindowsにも持ち込まれる可能性があると考える専門家もいる。

 企業がデュアルディスプレイというデバイスの形態を受け入れるかどうか。Windows 10Xが成功するかどうかは、それにかかっていると言える。

 MicrosoftがWindows 10Xの一般提供を開始するのは、2020年秋になる見込みだ。まずはMicrosoftのデュアルディスプレイ搭載デバイス「Surface Neo」がWindows 10Xを搭載する。Surface NeoはタブレットとノートPCを組み合わせたようなデバイスで、「Surface」シリーズの新モデルとなる。MicrosoftはそうしたWindows 10X搭載デバイスをWindows 10搭載PCの代替ではなく、共存する存在として位置付けている。

 Windows 10Xは、Windows 10ユーザーが慣れ親しんだユーザーエクスペリエンスを提供する一方で、Windowsとは異なる特徴も持つ。Windowsのアプリケーションを利用できる点は同じだが、コンテナを使ってアプリケーションとOSを切り離している点が異なる。MicrosoftはWindows 10XではOSの更新プログラムの適用を合理化するとも説明している。更新プログラムの適用はわずか90秒で完了するという。

大胆な変革に乗り出したMicrosoft

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...