2022年07月17日 08時30分 公開
特集/連載

Windows 10の社用PCが“このスペック”以下なら仕事にならない?Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第3回】

ビジネスで利用するPCが快適に利用できないと、生産性に悪影響を及ぼす。どの程度のスペックであればよいのだろうか。ビジネス向け「Windows 10」搭載PCが満たすべき、最小限のスペックを探る。

[Ed Tittel,TechTarget]

 Microsoftは「Windows 10」のシステム要件を公開している。システム要件を満たすPCであれば、Windows 10を動作させることは可能だ。ただしシステム要件をわずかに上回る程度のPCでは、エンドユーザーは快適に利用できず、生産性にも影響しかねない。特に会社支給のPCなど、ビジネスで利用するPCであれば、エンドユーザーがストレスを感じずに利用できるだけのスペックが必要だ。

このスペック以下のPCは仕事にならない?

 ビジネス用のWindows 10搭載PCは、以下のスペックを満たすことが望ましい。

  • OS
    • 64bit版のWindows 10
  • CPU
    • Intel「Intel Core i5」シリーズまたは「Intel Core i7」シリーズの4コア以上搭載モデル
  • メモリ
    • 容量8GB以上
      • より快適に使いたい場合は、容量16GB以上になるようにメモリモジュールを増設する。
  • ストレージ
    • 容量256GB以上
      • より快適に使いたい場合は、形状規格「M.2」およびストレージインタフェース規格「NVM Express」(NVMe)に準拠し、レーン(データ伝送路)の使用数3本(x3)以上のストレージを選択する。

 古いPCでWindows 10を快適に動作させるためには、メモリモジュールの増設によって8GBまたは16GB程度のメモリ容量を確保し、起動ドライブをストレージインタフェース規格「SATA Revision 3.x」のSSDにアップグレードするとよい。そうしたアップグレードのコストは300ドル以下で済むこともある。メモリとSSDのコスト比率は、50対50から70対30の間が目安だ。

 処理速度といったPCのパフォーマンスを最大限に引き出すためには、Windows 10を常に最新の状態に保ち、余分なファイルがない状態にすることが望ましい。IT管理者が常にドライバやアプリケーションを更新しておけば、Windows 10搭載PCは総じて快適に動作する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...