Windows 365に期待し過ぎて“がっかり”する2つの注意点とは?「Windows 365」と「Windows 10」の違いを比較【第5回】

クラウドサービスである「Windows 365」の利用を検討する場合、クライアントデバイスで「Windows 10」を使う場合とは異なる点に注意する必要がある。主な2つの注意点を紹介する。

2022年08月31日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 エンドユーザーごとに「Cloud PC」(クラウドPC)という仮想マシン(VM)を提供する、MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)。同社のOS「Windows 10」をクライアントデバイスで利用してきたユーザー企業は、Windows 365の利用を検討する際、どのような点を注意すればよいのか。主な注意点は、

  • スペックの選択肢
  • データ保護の方法

の2つだ。それぞれについて詳しく見ていこう。

スペックの選択肢:Windows 365ではエディションによって変化

 ユーザー企業がクライアントデバイスでWindows 10を利用する場合は、各エンドユーザーに提供するクライアントデバイスのスペックを自由に選択できる。エンドユーザーの要望や担当業務を基にスペックを変更することも可能だ。OSのアップデートやハードウェアの交換を実施するタイミングもユーザー企業が決定できる。

 Windows 365を利用する場合、ユーザー企業は各クラウドPCの仮想CPU(vCPU)数とメモリ量、ストレージ量を選択できる。ただし一般企業向けエディション「Windows 365 Business」では、Microsoftが用意するメニュー以外の選択肢は基本的にはない。

 大企業向けエディション「Windows 365 Enterprise」では、ユーザー企業はクラウドPCのスペックのアップグレードが可能だ。これによりユーザー企業は、クラウドPCのCPUやメモリ、ストレージをアップグレードできる。ダウングレードは不可能だ。

データ保護の方法:Windows 365には“クラウドならでは”の注意点も

 クライアントデバイスでWindows 10を利用する場合、クライアントデバイスの使用停止方法やそれに伴うデータの扱い方は、ユーザー企業に決定権がある。Windows 365の場合、ユーザー企業が契約を終了すると、そのライセンスにひも付く全てのデータが削除される。

 Windows 365のデータの扱いは、Microsoftのデータ保持ポリシーに基づく。Microsoftはデータの種類に応じて最大180日間データを保持する可能性がある。保持期間が過ぎると、ユーザー企業はデータを回収できなくなるため、注意が必要だ。

 クラウドPCで利用するデータを失わずに、Windows 365 EnterpriseとWindows 365 Businessを切り替えることは不可能だ。クライアントデバイスでWindows 10を利用する場合は、そのような問題に対処する必要はない。


 次回はコストが想定外に高くなるのを避けるための、Windows 365の利用料金の注意点を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...