Azure好調でもMicrosoftの成長が伸び悩む“なるほどの事情”“クラウド依存”が進むMicrosoft【第2回】

2022年度第4四半期のMicrosoftの売上高は、前年同期と比較して低い成長率となった。同期の決算発表の内容と、Microsoftが伸び悩む理由を解説する。

2022年08月30日 08時15分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 Microsoftの2022年度第4四半期(2022年4月〜6月)決算によると、クラウドサービス「Microsoft Azure」は堅調だ。一方で同社全体の売上高は伸び悩んでいる。その背景には何があるのか。

Microsoftが伸び悩む“あの理由”

 2022年に入ってからは、他の企業向けソフトウェアベンダーと同様、Microsoftも地政学に関連する問題に向き合う状況が続いている。同年7月に実施した証券アナリスト向け決算説明会で、同社は成長率が減速した理由を複数挙げた。具体的には以下が理由になったという。

  • PC販売の不振
  • 部品調達の停滞
    • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、中国での部品の生産停止が予想以上に長引いた。
  • ロシア事業の縮小
    • ロシアとウクライナの戦争の影響で、ロシアでの事業を大幅に縮小した。
  • 為替リスクの顕在化
    • 外国為替レートの変動が不利に働いた。
  • レイオフに伴うコスト発生
    • 2022年第3四半期に従業員の約1%をレイオフした際に、退職金や経費などのコストが発生した。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。