Windows 365を使う前に確認したい「Windows 10」の“複雑”なライセンス「Windows 365」と「Windows 10」の違いを比較【第2回】

「Windows 365」を利用する場合、クライアントデバイスで「Windows 10」を利用する場合とは異なるライセンスが必要になる。Windows 365のライセンスを整理し、併せてWindows 10のライセンスをおさらいする。

2022年08月10日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)では、ユーザー企業は同社のOS「Windows」を搭載した仮想マシン(VM)をクラウドサービスとして利用できる。これまでクライアントデバイスでMicrosoftのOS「Windows 10」を利用してきたユーザー企業が、Windows 365の利用を検討する際には、必要なライセンスを理解することが重要だ。

Windows 365のライセンスとWindows 10の“複雑なライセンス”

 クラウドサービスであるWindows 365を利用する場合と、クライアントデバイスでWindows 10を利用する場合では、必要なライセンスやその体系が異なる。MicrosoftはWindows 365のユーザー企業に対して、各エンドユーザーが利用するVMである「Cloud PC」(クラウドPC)のリソース(CPUとメモリ、ストレージの組み合わせ)に基づき、月額料金を請求する。

 Windows 365の一般企業向けエディション「Windows 365 Business」のライセンスには、Windowsのライセンスが含まれている(大企業向けエディション「Windows 365 Enterprise」では別途Windowsのライセンスが必要)。一方でWindowsをクライアントデバイスで利用する場合は、当然ながらWindowsのライセンスが必要になる。

 ユーザー企業にとって、Windowsのライセンス選択は複雑だ。Windows 10では一般的に、ユーザー企業はビジネス向けエディション「Windows 10 Pro」か大企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のどちらかのライセンスを選ぶことになる。Windows 10 Enterpriseのライセンスは、さらに

  • Windows 10 Enterprise E3
  • Windows 10 Enterprise E5
  • Windows 10 Enterprise LTSC(LTSC:Long-Term Servicing Channel)

に分かれている。

 選択する必要があるのは、Windows 10のライセンスの種類だけではない。ユーザー企業は「Enterprise Agreement」や「Microsoft Products and Services Agreement」(MPSA:マイクロソフト製品/サービス契約)などのボリュームライセンス、Microsoftのサポートサービス「Software Assurance」(ソフトウェアアシュアランス)の必要性なども検討しなければならない。


 次回はWindows 365の管理面での主要なメリットを整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...