データ保護を語るなら知っておくべき「コンテナ」向けの“あのツール”アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第4回】

中小企業から大企業までさまざまな企業がランサムウェアの標的になる状況が続いている。企業にはどのようなデータ保護が必要なのか。米TechTargetの製品アワードから、注目の製品・サービスを紹介する。

2022年08月10日 05時00分 公開
[Erin SullivanTechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの脅威の拡大、コンテナ利用の広がりといったトレンドを受けて、企業にはどのようなデータ保護の対策が求められているのか。米TechTargetが提供する製品アワード「Storage Products of the Year」の2021年版から、注目の製品や機能を紹介する。本稿は「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で銅賞になった製品・サービスを紹介する。

コンテナのデータも保護 銅賞になった今後注目のデータ保護製品は?

 銅賞になったのは、2020年10月にVeeam Softwareが買収したKastenの「Kasten K10」だった。Kasten K10はコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」に特化したデータ保護機能を提供している。同製品の「バージョン4.5」は、データにイミュータビリティ(不変性)を持たせる「イミュータブルバックアップ」の機能を追加した。イミュータブルバックアップは、ランサムウェア対策や、誤操作によるデータ削除などに有効なデータ保護機能となる。

 Kasten K10は「HPE Ezmeral Runtime Enterprise」「Nutanix Karbon」「Red Hat OpenShift」といったコンテナ管理ツールで運用するKubernetesもデータ保護の対象にすることができる。「Kasten K10は、コンテナのデータを保護するための革新的な製品の一つだ」とある審査員は述べる。この評価の理由は、Kasten K10はKubernetesと強力に連携できる一方で、ランサムウェア対策にも重点を置いているためだ。

 別の審査員は「KastenはKubernetesのデータ保護において確固とした地位を築いた。今後も同分野をリードしていく存在だ」と語る。KastenはKubernetesのデータ保護においては草分け的な存在だ。Veeam Softwareによる買収後はKasten by Veeamの名前で事業展開し、製品の機能強化を継続している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。