2022年07月27日 05時00分 公開
特集/連載

ランサムウェア対策機能も強化 進化する“あの定番バックアップツール”とは?アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第3回】

ランサムウェアなどの脅威が広がる一方、ベンダーもその対策のための機能強化を実施している。米TechTargetの製品アワードから、バックアップおよびDR分野で注目の製品・サービスを紹介する。

[Erin Sullivan,TechTarget]

 企業はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの脅威が広がる中、どのようなデータ保護の対策を取るべきなのか。米TechTargetが提供する製品アワード「Storage Products of the Year」の2021年版から、注目の製品や機能を紹介する。本稿は「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で銀賞になった製品・サービスを紹介しよう。

銀賞はランサムウェア対策機能も強化する“あの定番製品”

 銀賞を獲得したのはVeeam Softwareのデータ保護ソフトウェア「Veeam Backup & Replication」だった。同製品はデータ保護の市場ではメジャーな存在だ。同社が2021年に公開した同製品の「バージョン11」は、200個以上もの機能強化を実施した。

 審査員がVeeam Backup & Replicationの特徴として注目した主な機能は、

  • VM(仮想マシン)の「継続的データ保護」(CDP)
  • データにイミュータビリティ(不変性)を持たせる「イミュータブルバックアップ」

などだ。CDPは短い時間間隔でデータのレプリカ(複製)を取得する機能を指す。イミュータブルバックアップは、特にランサムウェアからのデータ保護に効果が期待できる。

 Veeam Backup & Replicationは「Amazon Web Services」(AWS)や「Google Cloud Platform」(GCP)、「Microsoft Azure」といった主要クラウドサービス向けのバックアップおよびリカバリー(復旧)機能を一元的に提供する。

 ある審査員は、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」がVeeam Backup & Replicationによるデータ保護の対象になったことは「素晴らしい」と評価する。コンテナのデータ保護はバックアップおよびDRの分野でますます重要になってきている。Veeam Softwareだけではなく、さまざまなベンダーがKubernetesを対象にするバックアップやDRの機能を重視し始めている。

 Veeam Backup & Replicationのバージョン11は、

  • 予期せぬシステム障害
  • ランサムウェア

などへの対策も強化した。ユーザー企業はこれらの機能によって、ダウンタイム(システム停止時間)やデータ損失のリスクをより一段と軽減できるようになった。


 第4回はコンテナの利用が広がることを背景に、銅賞を獲得した製品・サービスを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...