2022年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

ランサムウェア対策を低コストで 審査員がうなった“あのデータ保護製品”とはアワードで紹介する“注目のデータ保護”【第2回】

脅威が多様化する一方、データ保護機能の拡充も進んでいる。米TechTargetの製品アワード「Storage Products of the Year」で審査員を驚かせたデータ保護機能とは。

[Erin Sullivan,TechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの脅威が広がる中、企業にとって必要性が高まっているのがデータ保護の強化だ。米TechTargetが実施する製品アワード「Storage Products of the Year」の2021年版から、注目の製品や機能を紹介する。本稿は同アワードの「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で金賞を獲得した製品・サービスを紹介しよう。

ランサムウェア対策機能で審査員をうならせた“あの製品”

 審査員を感心させたのは、Druvaのデータ保護サービス「Druva Data Resiliency Cloud」だった。同サービスは、Storage Products of the Year(2021年)における「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で金賞の座を獲得した。Druva Data Resiliency Cloudは、Druvaが提供していたデータ保護サービス「Druva Cloud Platform」のリブランドによって誕生した。

 Druva Data Resiliency Cloudは、

  • 異常検知
  • オンプレミスとクラウドサービスのハイブリッドなデータ保護
  • クラウドサービスを使ったDRのオーケストレーション(自動化)

などを提供する。Druvaがもともと提供してきたデータ保護機能にこれらの機能が加わり、ランサムウェアに対するより強力なデータ保護が可能になった。

 クラウドサービスで運用するデータの保護機能を提供するだけではなく、それをリーズナブルな価格で、運用を複雑にすることなく提供するのがDruva Data Resiliency Cloudの特徴だとある審査員は評価する。「クラウドサービスらしいシンプルさがある」と別の審査員は語る。

 Druva Data Resiliency Cloudが金賞を獲得した主な理由は、

  • 簡単に利用開始できること
  • エッジ(データが発生する場所)のデータ保護を対象にできること
  • システムの拡張性が高いこと

などだった。「Druvaのデータ保護サービスは本当に良くできている」と審査員はコメントする。


 第3回は銀賞を獲得した、データ保護では定番の製品・サービスを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...