ランサムウェア対策を低コストで 審査員がうなった“あのデータ保護製品”とはアワードで紹介する“注目のデータ保護”【第2回】

脅威が多様化する一方、データ保護機能の拡充も進んでいる。米TechTargetの製品アワード「Storage Products of the Year」で審査員を驚かせたデータ保護機能とは。

2022年07月13日 05時00分 公開
[Erin SullivanTechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの脅威が広がる中、企業にとって必要性が高まっているのがデータ保護の強化だ。米TechTargetが実施する製品アワード「Storage Products of the Year」の2021年版から、注目の製品や機能を紹介する。本稿は同アワードの「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で金賞を獲得した製品・サービスを紹介しよう。

ランサムウェア対策機能で審査員をうならせた“あの製品”

 審査員を感心させたのは、Druvaのデータ保護サービス「Druva Data Resiliency Cloud」だった。同サービスは、Storage Products of the Year(2021年)における「バックアップおよびDRのハードウェア・ソフトウェア・サービス」の部門で金賞の座を獲得した。Druva Data Resiliency Cloudは、Druvaが提供していたデータ保護サービス「Druva Cloud Platform」のリブランドによって誕生した。

 Druva Data Resiliency Cloudは、

  • 異常検知
  • オンプレミスとクラウドサービスのハイブリッドなデータ保護
  • クラウドサービスを使ったDRのオーケストレーション(自動化)

などを提供する。Druvaがもともと提供してきたデータ保護機能にこれらの機能が加わり、ランサムウェアに対するより強力なデータ保護が可能になった。

 クラウドサービスで運用するデータの保護機能を提供するだけではなく、それをリーズナブルな価格で、運用を複雑にすることなく提供するのがDruva Data Resiliency Cloudの特徴だとある審査員は評価する。「クラウドサービスらしいシンプルさがある」と別の審査員は語る。

 Druva Data Resiliency Cloudが金賞を獲得した主な理由は、

  • 簡単に利用開始できること
  • エッジ(データが発生する場所)のデータ保護を対象にできること
  • システムの拡張性が高いこと

などだった。「Druvaのデータ保護サービスは本当に良くできている」と審査員はコメントする。


 第3回は銀賞を獲得した、データ保護では定番の製品・サービスを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...