AIOpsを選ぶならOSSかプロプライエタリか? その選定基準とはAIOpsツール、あなたはどっち派?【前編】

自社に最適な「AIOps」ツールを選ぶのは簡単ではない。オープンソースソフトウェアとプロプライエタリソフトウェアがあり、それぞれに長所と短所がある。選定のポイントは何か。

2022年07月12日 05時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 アプリケーションの開発ツールは、「オープンソースソフトウェア」(OSS)と「プロプライエタリソフトウェア」(ソースコード非公開のソフトウェア)の2種に分類できる。この2つにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、開発者の間では「どちらを使うべきか」について議論が起こる。結局は用途によるため、明確な答えはない。

AIOpsツール選定時に欠かせない“あのポイント”とは?

 近年は、AI(人工知能)技術をシステム開発や運用に取り入れる「AIOps」のツールが登場している。AIOpsはOSSがいいのか、それともプロプライエタリソフトウェアを選ぶべきなのかについて、特別な考慮事項がある。

 AIOpsの市場にはさまざまなツールがひしめき、自社に最適なものを選ぶのは簡単ではない。AIOpsの場合は、AIエンジンによる分析対象になる機密情報を含めた、さまざまなデータへのアクセスが必要になることがある。そのためAIOpsツールを評価する際はセキュリティも考えなければならない。AIOpsツールには幾つもの考慮事項があり、企業は各ツールを念入りに比較してポイントを見極める必要がある。


 中編は、オープンソースのAIOpsツールについて解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...