ブロードコムによる買収でヴイエムウェアのクラウド管理製品はどうなるのか?BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【中編】

VMwareは複数のクラウドインフラを一元管理するための製品群を拡充させている。同社のクラウド関連製品群は、Broadcomの買収でどのように変化するのか。

2022年07月13日 05時00分 公開
[Rob StrechayTechTarget]

 2022年5月、半導体ベンダーのBroadcom(ブロードコム)は大手仮想化ベンダーVMwareの買収で合意したと発表した。VMwareはクラウドベンダーと協業し、各社のIaaS(Infrastructure as a Service)で利用できる製品・サービス群を提供している。Broadcomの買収が、VMwareのクラウドインフラ管理製品・サービスに与える影響とは。

大胆予測 ヴイエムウェアのクラウド管理製品はこう変わる

 Broadcomは2018年に、データセンター管理ソフトウェアベンダーのCA Technologiesを買収している。そのためインフラの設定やセキュリティ対策、アクセス管理、コスト管理、パフォーマンス管理など、クラウドインフラ管理に関連したVMwareのソフトウェアを、CA Technologiesの技術を用いてパッケージ化することが考えられる。

 VMwareはオンプレミスインフラとIaaSを横断する仮想インフラを管理したり、仮想インフラの利用状況を可視化したりしやすくするために、ベンダーの買収と製品の拡充を進めてきた。その好例が、CloudHealth Technologiesの買収に関する実績だ。

 CloudHealth Technologiesは、Amazon Web Services(AWS)の同名サービスやMicrosoftの「Microsoft Azure」といったクラウドサービスで利用できる、マルチクラウド管理製品・サービスを提供するベンダーだ。同社の製品・サービスは、VMwareによる買収後、「CloudHealth by VMware」として提供されている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...