「クラウドコスト」を予測したくてもできない残念な事情クラウドストレージの無駄に切り込む【第2回】

クラウドサービスを利用する際、料金のコントロールがユーザー企業にとっての課題の一つになりがちだ。適切に管理できなければ、想定外のコストを招く。そうなってしまう背景を解説する。

2022年08月11日 05時00分 公開
[Stephen PritchardTechTarget]

 クラウドストレージなどの各種サービスを手掛ける大手クラウドベンダーは、ユーザー企業を囲い込むために独自技術を使用する傾向がある。ユーザー企業は特定のクラウドベンダーの独自技術を使うと、他のクラウドサービスへのシステム移行がしにくくなる。その半面、クラウドサービスは簡単に利用開始できる。つまり始めやすく、やめにくい特性がある。この点は、派生してコストの予測しにくさにつながる。どういうことなのかを解説しよう。

「クラウドコスト」の予測はなぜ難しい? 背景にある残念な事情とは

 ユーザー企業は特定のクラウドベンダーの独自技術に依存すると、不利な立場に置かれる可能性がある。他のクラウドサービスへの移行が簡単ではないため、乗り換えをちらつかせて契約条件を交渉し、利用料金の低減を図ることが難しくなるからだ。

 各クラウドベンダーは、システム設計において異なるベストプラクティスを持っている。ユーザー企業がそのベストプラクティスを採用すると、クラウドサービス間の移行や、複数のクラウドサービスを連携させることが難しくなる場合がある。それによって利用料金の交渉は一段と難しくなる。

 クラウドサービスの利用開始が容易である、という特性によって、利用料金のコントロールは一段と難しくなる。ユーザー企業内の各組織はそれぞれ容易にクラウドサービスを契約できるため、IT部門が一元的に利用料金をコントロールするのは困難だ。

 「クラウドサービスの導入が分散的に進む場合、ユーザー企業にとって重要になるのは利用状況の可視化だ」と、データ管理ツールベンダーCriblのディレクター、ニック・ヒューデッカー氏は語る。利用するクラウドサービスが分散すると、請求書を理解することが難しくなるとヒューデッカー氏は指摘する。

 料金設定そのものにも問題がある。クラウドサービスの料金最適化サービスを手掛けるArchera.aiのCEO、アラン・カンナ氏は、クラウドサービスの料金設定は透明性が高いとは言い難いと指摘する。カンナ氏によると、「Amazon Web Services」(AWS)の料金設定はテキスト形式でダウンロードすることができるが、そのデータ量は膨大で、「Microsoft Azure」の料金表と比較することは簡単ではない。「大企業のクラウドサービス管理チームに、3、4人のデータサイエンティストがいるのはこのためだ。もはや表計算ソフトウェアの仕事ではない」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...