PCが売れなくなった「コロナ」「不景気」以上に根深い理由PC市場“コロナ特需”後の行方【前編】

世界のPC出荷台数は減少に転じ、パンデミックが生み出したPC特需は終わりを迎えた。その背景には景気後退があることは確かだ。だが原因はそれだけではない。

2022年08月11日 08時30分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 世界のPC出荷台数が急速に減少している。これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によるテレワークの普及がもたらしたPC販売の活性化に、終止符が打たれたことを示していると、調査会社IDCは捉えている。PC市場落ち込みの理由は、実は単純ではない。

だからPCは売れない

 2022年7月にIDCが発表した調査報告によると、2022年第2四半期(4月〜6月)のPC(デスクトップ、ノートPC、ワークステーション)の出荷台数は7130万台となり、前年同期の8420万台から15.3%減となった。部品供給不足と「“コロナ特需”の終わり」(同社アナリスト、ジテシュ・ウブラニ氏)が響いた。

 IDCによれば、2022年第2四半期のPC出荷台数は、7期ぶりに8000万台を割った。ウブラニ氏は「景気後退を懸念して、企業も一般消費者も出費を抑えている」と、PC需要の減少の背景を分析している。ただしPC出荷台数はパンデミック前と比べれば、高水準を維持している。2019年第2四半期は6510万台だった。

 調査会社Gartnerのアナリスト北川 美佳子氏は、景気後退への懸念に加え、PC需要が飽和状態にあることも出荷台数減少の一因だと指摘する。従業員のテレワークを可能にするために企業が一斉にノートPCを購入した結果、当面の間は買い替え需要が発生しないとの見方だ。北川氏は、次に買い替えが始まるのは2024年だと見込む。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...