2014年05月12日 08時00分 公開
特集/連載

iPadがまるで“コンシェルジュ” 中外製薬のMR活動を支える情報ダッシュボードMR約1700人の価値を向上させた情報化戦略

中外製薬は、MR(医薬情報担当者)向けにモバイル型情報ダッシュボードを開発・導入した。本稿では、その背景やツールの詳細、今後の可能性について紹介する。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 医薬品大手の中外製薬では、社外での活動が中心となる営業部員であるMR(医薬情報担当者)向けにデータ抽出・加工ツール(BIツール)をベースとしたモバイル型情報ダッシュボードを開発・導入した。その背景には、営業効率の向上や業界の変化などの課題があった。2014年3月に開催された「日経産業新聞フォーラム2014」で講演した、中外製薬 営業本部 営業業務部 推進グループ 中野陽介氏の話を基に紹介する。

MR約1700人の情報武装化を進める中外製薬

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...