2014年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

2025年、“課題先進国”日本の医療ITはどうなっている? GEヘルスケアの発表で占う2014年度も「Silver to Gold」戦略を継続

GEヘルスケア・ジャパンは4月7日、2014年度戦略発表と新製品群を発表。2025年を見据え、医療機器に加えて超高齢社会で求められる医療サービスの提供を目指す。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

イノベーション | IT戦略 | 医療IT | PACS


 「2025年の新しい医療の姿を見据え、医療課題を解決するイノベーションの実現と、人に優しい医療の提供を加速させる“誰にもまねできない新しい製品・サービスの投入、施策の実施”によって、未来型ヘルスケアカンパニーを目指す」

photo GEヘルスケア・ジャパンの川上氏

 GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長 兼 CEO(最高経営責任者)の川上 潤氏は、同社が2014年4月7日に開催した「2014年成長戦略発表会」の場でこう発言した。

 2025年は2000万人を超える団塊の世代全てが75歳以上となり、高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が30.3%になると推測される。政府は2011年6月に「社会保障と税の一体改革案」を公表し、超高齢社会における社会保障制度の持続性を確保するための施策を進めている。その中では、病院の機能分化や医療・介護連携、地域に密着した包括的なエコシステム構築など2025年に向けた医療・介護のあるべき姿を提示している。

 川上氏は「社会構造の大きな変化に対応するため、テクノロジーも変わらなければならない。2014年の成長戦略として、技術イノベーションや人に優しい医療の提供を加速させる新製品・新施策を投入する」と説明した。本稿では、同社の2014年成長戦略発表会の内容を踏まえ、同日発表した新製品・サービスを紹介する。

従来の医療機器メーカーという枠を超え、未来型ヘルスケアカンパニーに

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...