2014年03月27日 08時00分 公開
特集/連載

あのCMと同じ? 医療業界で「Surface」が選ばれている理由とは特徴的なキックスタンドが受けている

タブレット市場のシェアがまだそれほど高くないといわれる「Surface」だが、医療現場での利用に便利な機能を搭載するなど、特定の市場ではiPadやAndroid端末よりも人気を集めているという。その理由とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 「Microsoft Surface」の発表から1年7カ月、米Microsoftは、激戦市場への貴重な足掛かりをつかんだ。

 成長を続けるタブレット市場では、米Appleの「iPad」と米Googleの「Android」端末の人気が依然として高く、Surfaceはまだ大きなシェアを確保できていない。だが、IT専門家たちによれば、医療分野など特定の垂直市場にSurfaceは向いており、特に「Surface Pro 2」は最適だという。

Surfaceが採用される最大の理由

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...