2013年12月12日 08時00分 公開
特集/連載

「サービスとしてのビッグデータ活用」が流行る意外な理由IaaSプロバイダーが「BDaaS」を提供

現在、急速に拡大しているビッグデータ活用サービス市場。その背景には、Amazonとの差別化を狙った多くのIaaSプロバイダーがうごめいている。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 ビッグデータサービスを提供するクラウドプロバイダーにとっての主な収益源は、「アナリティクス」「検索」「ディスカバリー(電子情報開示)」の3機能だ。成長著しい「Big Data as a Service(BDaaS)」市場で他社に差をつけるには、プロバイダーはビッグデータに関するプランニングや実装を支援するコンサルティングサービスだけでなく、高帯域幅のセキュアなネットワーク接続など「顧客が大規模なデータセットにアクセスして処理するための付加価値サービス」を提供しなければならない。

 「顧客は単にビッグデータを格納する場所以上のものを必要としている」と、経営コンサルティングも手掛ける調査会社、米TechAlphaの創立に携わったジョージ・ギルバート氏は指摘する。「プロバイダーは、データを移動させるための高速回線を配備する必要がある。また当面は、コンサルティングサービスの提供も重要なポイントだ。ビッグデータ管理ソフトウェアの利用経験を積んだ顧客は多くない」(同氏)

Hadoop環境が必要ではない――BDaaSの利点とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...