2014年06月13日 12時00分 公開
特集/連載

ビッグデータで車の故障を予測 アナリティクスで変わる製造業壊れる前に直してトラブルを未然に防ぐ

ビッグデータのビジネス活用が注目されているが、製造業など、ものづくりの分野での活用事例が増えてきている。SAS Institute Japanが開催したイベントの講演を基にデータ活用とアナリティクスの先進事例を紹介する。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しい。先進的な企業は、業務データやソーシャルデータ、オープンデータといったさまざまなデータを駆使することで、収益向上やコスト削減、リスク管理、プロセスの改善など、ビジネス価値を高めようしている。

SAS Institute Japanの山下克之氏

 製造業など、ものづくりの分野においても、ビッグデータの活用事例が増えてきている。製品や部品に取り付けたセンサーから集めたデータを分析・解析することで、出荷後の製品の稼働状況を把握し、不良検知や予防保全に役立てている。

 また、大規模設備や装置などの故障の予兆を分析し、故障前に把握・予測できれば、予期せぬトラブルの発生を未然に防ぐことができる。

 本稿では、SAS Institute Japanが開催したイベントの講演を基に、ビッグデータおよびアナリティクスの先進事例を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...