2015年09月16日 12時00分 公開
特集/連載

「パスワードのない世界」でクラウドを守る――注目されるオープン規格セキュリティ強化に向けた選択(1/2 ページ)

パスワードによるユーザー認証は、多くの問題に見舞われた長い歴史がある。本稿ではセキュリティの専門家が、クラウドでのユーザー認証にまつわる悩みが各種のオープン規格によってどう解決できるのかを解説する。

[Rob Shapland,TechTarget]
画像 FIDO公式サイト《クリックで拡大》

 クラウドサービスは企業にとって評判の良い効果的な選択肢であることが実証されている。だが、人気が高まるにつれて、クラウドサービスがハッカーの標的になることも増えている。

 多くのクラウドサービスプロバイダーは、ユーザー名とパスワードの組み合わせを利用してユーザーを認証している。これは、他のサービスでも同様だ。この方法の問題点は、無防備なユーザーがフィッシング攻撃の標的になりやすいことである。

パスワードによる認証はもう限界

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...