2016年11月16日 09時00分 公開
特集/連載

次世代エンドポイントセキュリティの2大製品「NGEPP」「EDR」を比較、何が違うのか?「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【最終回】(1/3 ページ)

次世代エンドポイントセキュリティ製品は目的に応じて2種類に大別でき、選定時に注目すべきポイントも異なる。適切な製品を選定するためのポイントをまとめた。

[阿部淳平, 尾山和宏,ネットワンシステムズ]

 これまでの連載では、サーバやクライアントPCといったエンドポイントを保護する新たな技術「次世代エンドポイントセキュリティ」について、なぜ注目されているのか、どのようなことが実現できるのかを説明してきた。最終回となる今回は、次世代エンドポイントセキュリティ製品選びに失敗しないための選定ポイントを説明する。

「防御」か「検知・対処」か

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。