2012年05月09日 09時00分 公開
特集/連載

レピュテーションに仮想化対応――マルウェア検出技術の今を知る10年後のエンドポイントセキュリティはこうなる(後編)

ネットワークセキュリティとの統合が進むとみられるエンドポイントセキュリティ。後編はエンドポイントセキュリティ製品の最新動向を示しつつ、10年後に向けて企業がなすべき施策を探る。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 マルウェア対策を中心としたエンドポイントセキュリティは、10年後にどう変わるのか。前編「スマートフォンやクラウドの普及がエンドポイントセキュリティを変える」は、ガートナー ジャパンのセキュリティ担当リサーチディレクターである石橋正彦氏の話を基にエンドポイントセキュリティの現状を整理しつつ、10年後のエンドポイントセキュリティの方向性を示した。

 石橋氏はエンドポイントセキュリティの将来像として、ネットワークセキュリティとの統合が進むという見方を示す。ただし、アプリケーションやデータの多くがクライアントPCにある状況はすぐには変わらない。端末ベースのエンドポイントセキュリティを強化しつつ、ネットワークセキュリティとの統合を進めていくのが現実的だろう。

 後編は、エンドポイントセキュリティ製品を取り巻く最新動向を解説しつつ、ユーザー企業が10年後に向けてなすべき施策を探る。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。