2011年12月01日 09時00分 公開
特集/連載

急増するAndroidやiOS向けマルウェア、ただし危険性には疑問の声もスマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要か【前編】

スマートフォンやタブレットを狙ったマルウェアが急増している。だがこれらのマルウェアの脅威を疑問視する声も根強い。前編はウイルス対策の現状を中心に動向を整理する。

[Michael Cohn,TechTarget]

 スマートフォンタブレット端末マルウェアが感染するなんて笑い話だ――そう思われていたのはそれほど昔のことではない。現在、この種の製品が冗談と見なされることは少なくなってきたが、モバイルセキュリティソフトウェアの必要性を疑問視する声も少なからずある。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...