2011年09月09日 09時00分 公開
特集/連載

IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし?米調査に見るIT部門の課題と投資傾向

米TechTargetが実施した会員調査によると、IT部門の投資分野は「タブレット」「スマートフォン」「モバイルセキュリティ」の3点に集中している。各結果に対し、専門家がコメントを寄せた。

[Susan Fogarty,TechTarget]

 モバイル端末のセキュリティがようやく真剣に受け止められるようになってきた。何年も前から製品が販売され、業界の専門家はモバイルポリシーおよびモバイル接続のセキュリティ対策の重要性を説いてきたが、今になってモバイル端末、特にタブレット端末の急速な普及を受け、モバイルセキュリティが一般的なIT部門にとっての重点課題となっている。

 米TechTargetが毎年実施している読者調査によると、2011年は2010年比で予算割合の増加が予想される上位3分野はタブレット端末、スマートフォン、モバイルセキュリティソリューションだった。

 一方、モバイル端末の利用全般に関する最大の不安要因として、セキュリティ関連の問題を挙げる読者も圧倒的に多かった。筆頭は端末の紛失・盗難リスクの65%で、次いで54%が保護していない私物端末で会社のリソースにアクセスされることを挙げた。データやリソースへのアクセス管理作業、コンプライアンス規定も上位に入った。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。