モバイルデバイス管理が必要なのは大企業? 小規模企業?モバイル端末の多様化で必要となったMDMソリューション(前編)

モバイル端末の多様化は、管理手法の見直しを迫っている。ベンダー各社が提供し始めたMDM(モバイルデバイス管理)ソリューションが解決策となるが、これを導入すべきなのはどのような企業なのか?

2011年06月07日 08時00分 公開
[Michael Finneran,TechTarget]

 企業でのスマートフォン導入が急激に進み、モバイル端末の種類が爆発的に増えたことで、モバイルデバイス管理(MDM)ソフトウェアによるモバイル端末の管理と保護が検討されるようになっている。多くの組織は、これまでカナダのResearch In Motion(RIM)製BlackBerryのみで構成された環境のセキュリティにほぼ全面的に依存してきたが、今や米AppleのiPhoneや米GoogleのAndroid搭載端末、場合によってはその他のプラットフォームも併せて管理し、サポートできるソリューションの開発を余儀なくされている。

 プラットフォームにしてもフォームファクタにしても、モバイル端末の多様化は驚くことではない。しかし、このタブレットの進化は、ユーザーが使用するモバイル端末も多様化する可能性があることを意味している。そこで、モバイル化がもたらす生産性の向上を実利につなげられるように、タブレットなどの端末を保護し管理する最適な方法を見いだすことが重要になる。

BYODのDはディマイズ(demise:崩壊)のD?

関連ホワイトペーパー

iPhone | iPad | スマートフォン | タブレット


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...