2011年05月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

タブレットはノートPCを補完する存在となるか?iPad、BlackBerry、iPhoneの徹底管理で実現するモバイル戦略

iPhoneやiPadの登場で、組織は新たなモバイル管理戦略を立案し、新たなセキュリティ問題とサポートモデルについても考慮しなければならなくなった。

[Scott Lowe,TechTargetジャパン]

 今から10年前、BlackBerryはモバイルムーブメントを生み出した。われわれがノートPCへの依存を強める中でこの熱が高まり、iPhoneiPadの登場で中毒症状は新たな段階に達した。これらの端末がモバイルへの欲求をこれほどかき立てるとは10年前には想像さえしなかった。この大きな需要に伴い、モバイル管理における新たなチャンスと課題が浮上した。自分の端末の利用を促す「Bring Your Own Device」(BYOD)戦略に加え、組織は新たなモバイル労働力管理戦略を立案し、モバイル端末を脅かす新たなセキュリティ問題とサポートモデルについても考慮しなければならなくなった。

 携帯型、常時接続型のタブレット端末は定着する。疑わしいと思うのなら、iPadの大成功と、しのぎを削っている競合各社のことを考えてみるといい。信じようと信じまいと、これはBYODフレンドリーなビジネスに恩恵をもたらし得る。多くの企業が近いうちにノートPCの支給をやめてしまうとは思えないが、一部ではタブレットが補完的な端末として使われている。ウェストミンスター大学では、学長がiPad熱に取りつかれた。ノートPCもまだ持っていて会議に持って来ることもあるが、大抵はiPadのみを持って出張し、以前よりも生産的になっている。iPadは適切な管理が行き届いているので、電子メールのやりとり、ちょっとした文書やプレゼン資料の編集、市況チェック、寄付してくれそうな相手への情報提供など、「外出中」のニーズを満たすことができる。

 それでも、学長のニーズはiPadでできることのほんの表面をなぞっているにすぎない。ベンダーのアプリケーションストアからは、何千というビジネスアプリを入手できる。さらに、適切なインフラがあれば、アプリケーションは簡単にデスクトップPCから切り離せる。ノートPCによって切り離しは何年も前から可能になっていたが、新世代のモバイル端末、特に3Gネットワークに常時接続できる端末により、まったく新しいレベルに到達した。

 具体例を幾つか挙げよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...