2011年04月08日 18時00分 公開
特集/連載

CIOたちを悩ますiPadiPadはおもちゃか?

コンシューマーはiPadが好きだ。企業のお偉方は、飛行機や電車の中でiPadをこれ見よがしに使っている。CIOやIT担当者は、iPadを企業に受け入れるべきか?

[Linda Tucci,TechTarget]

 iPadはITの花形になれるだろうか。

 それが、米Boston ScientificのCIOリッチ・アドゥチ氏や米Parexel InternationalのCIOジョー・ホッペ氏、米John Hancock Financial ServicesでITを担当するCIOのアラン・ハックニー氏らから受ける印象だった。ボストンで最近開催されたCIO Executive Leadership Summitの参加者で、iPadを企業に導入した経験を持つ他のCIOの頭の中でも、同じような疑問が渦を巻いているようだった。

 また、ウィスコンシン州で最近開催されたFusion 2011 CEO-CIO Symposiumでも、エンタープライズモビリティの話でもちきりで、iPad熱の急速な高まりが感じられた。米American Family Mutual InsuranceでIS担当の上級副社長を務めるクリスティン・カークコンネル氏は、4000人以上の営業担当者へのiPadの導入に先立ち、現在100人の営業担当者を対象にテストをしている。詳細は明かせないが、これは「(同社が)本当に競争優位を獲得できる可能性がある」プロジェクトだと同氏は話す。

 コンシューマーはiPadが好きだ。企業のお偉方は、飛行機や電車の中でiPadをこれ見よがしに使っている。2011年1月に発表された米Appleの第1四半期の財務報告によると、Fortune 100企業の80%以上がiPadを導入済みかテスト中であるという。

 しかし、IT部門がiPadのエンタープライズ導入を認めているとは驚きだ。

 「あまりに急激な展開に皆驚いている」と米Gartnerのモバイルデバイス部門でリサーチ担当副社長を務めるカロリーナ・ミラネッシ氏は言う。「Gartnerではもっぱら、実際にiPadを購入して、どのようなものかを理解しておくようにというのがCIOへのアドバイスになっている。好むと好まざるとにかかわらず、この波は押し寄せてくるのだから」

企業でのiPadはおもちゃかツールか

関連ホワイトペーパー

iPhone | Exchange | セキュリティ対策 | スマートフォン


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。